惚れた女性は二重人格だった――昭和中期が舞台のレトロサスペンスです。

husk

ホラー 完結 過激表現
1時間39分 (58,905文字)
若干猟奇、性表現があります。未成年の方、苦手な方はご注意ください。

28 43

あらすじ

 暗い雪原に、鮮やかな曼珠沙華。  中央には門があって、黒い蝶が待っている。  そして門の向こう側には、白装束の女性がおぼろげに立っている。 ――昭和中期東京上野美術館。 「門」と名づけられた婦人画

感想・レビュー 1

これはスゴイ。

エログロナンセンスの好きな方、乱歩を愛する方、久作に心奪われた方、好物がここにありますよ!……そうオススメしたくなる怪作。 昭和のレトロ感たっぷり、救いようの無い陰鬱な世界は怪しく美しい。 これでも

この作者の作品