受賞

メモリア

この世でひとつの本屋にのこされた、ふたりの最後の物語。手に取らなければ他に知る術の無い、唯一無二の物語。

古戸吹 望有

ファンタジー 連載中
1時間25分 (50,938文字)
どんなに電子化が進んでも、ずっといつまでも本がなくならなければいいなと思います。

3 7

あらすじ

『本』が廃れてから長い年月の経つ近未来。 この世で最後にして唯一の本屋に、ひとりの少女がたどり着く。 家族を知らない少年と家族を与えられた少女が、人が人であるために必要なものとは何かを問う。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る