アフタヌーンティーは午前3時に

年に一度のデートの日。ボクは君にカエルのタマゴをススめるの

ホカノ カホ

12分 (6,910文字)

12 793

あらすじ

コウモリと人間ではない女の子がデートに行く話。 コンテスト「3時」参加作品です。 2019/07/16 追記が遅れてしまい申し訳ございません。 いつの間にか200スターを突破しておりました。 多くの

タグ

感想・レビュー 1

楽しい一日

 冥界に住む少女と『冥界の者と共に過ごすことが許された唯一のコウモリなのだ』というコウモリとの素敵なデートを堪能しました。何とも不思議な設定でハロウィーンを楽しむ描写が素敵です。カエルの卵の正体もわか
2件1件

この作者の作品

もっと見る