君に恋したその日から

30 71

恋愛 完結
2時間27分 (88,106文字)

あらすじ

君が光なら、私は影だ。 私にとって、君の存在は眩しい。 だけど君は、ずっと私を見てくれていた。 教室の隅にいるような、空気みたいな存在の私を。 君に恋をして、私の世界は変わったんだ。

タグ

感想・レビュー 1

彼との距離が縮まりそうな展開。この先が楽しみな滑り出しです。

スクールカースト最下層の「私」。決して居心地がいいわけではないけれど、抜け出したいと強い意志があるわけではない。複雑なティーンエイジャーの心情を表しています。嫌な授業が卒業までにあと何回かを数えるのも

この作者の作品

その他情報

公開日 2019/6/21