ニル婆と私

死にかけの私の前に、ロックな占い師が現れた。

11 91

青春 完結
1時間16分 (45,460文字)
「第二回氷室冴子青春文学賞」応募作品です。

あらすじ

受賞間違いなしだと思った小説新人賞にあっけなく落選。 絶望し自殺を企てている私の前に、世にも奇妙な占い師の老婆が現れた。 彼女は私の計画を見破り、阻み、笑って見せる。 ニルヴァーナの黒Tと黒のダメー

タグ

感想・レビュー 2

破壊的なカッコ良さです

最初の罵声のやりとりが魅力的です。宮木逸子の死のうとする意志を見破り、買い物の内容も、目的も言い当てる。ニルヴァーナの黒T着用だから“ニル婆”。ビジュアルも言動もロックンロールしています。勝手に呼び止

雨ニモ負ケズ

もうとにかく涙腺弱過ぎ!! 雨風のつよさを思い知ったよね。それから共にしのいでいく仲間の素晴らしさも。 そしてまずは…… これからも、死なないで。

その他情報

公開日 2019/7/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る