恋愛 完結
11分 (6,367文字)

0 1

あらすじ

男を前にすると、常に審査されているようで気が抜けない。 そんな思いから男とろくに話も出来なくなった女は、ある雨の真夜中、川沿いの遊歩道を歩いていた。 3年前、通り雨に足止めを食らっていた彼

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る