強制非公開になった人、この指とまれー!

過激表現や禁止事項について、紐解いて行きたいと思います。実際にペナルティを受けた方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい

とまと

エッセイ・HowTo 連載中 過激表現
32分 (18,720文字)
一緒に、ボーダーラインを探ってみませんか?

44 2,945

あらすじ

大人の恋愛作品を書く時、気になるのがガイドライン。 読者の立場からすると、濡れ場も多く含ませたい!でも、折角の作品を強制非公開にはさせたくない。 けど、ガイドラインをいくら読んでも、どの辺がボーダーな

感想・レビュー 3

表現の自由と、誰かが表現によって傷つけられることを防ぐことの両立の難しさ。

小説の内容をめぐって裁判にまでなった事例として有名なのが、わいせつな表現とされた内容が問題になった「チャタレイ夫人の恋人事件」や、実在する人物の障害をモデルに描写したことがプライバシーの侵害に当たると
1件

考える起点になります

思ってもみなかったところで、 こんなことあるんだろうなぁと拝読しました。 きっちりした規定があるものではないので この不透明さがかえって難しく思えますね。 芥川賞をとった作品でも、かなり過激表現はあり
1件

本気度が伝わってきていますね。

僕も悪魔をモチーフにお話を書こうとした時に、どうしても性的場面(個人的に性的暴力は殺人よりも残酷な非道だと思っているので)が出てきてしまうなと思い、この辺りを良く読んだ覚えがあります。 結果、当初の予
1件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0