ROOK

私が″私″でなくなる日を切に願う

1 2

15分 (8535文字)

あらすじ

″ルーク″ それは城でもあり戦車でもあり塔でもある。 魔導障壁は城のように強固で、たった一人でも戦車級の火力を成し、皆を誘導しうる灯台ともなる我らの呼称。我らが兵科――魔導兵。 その実態は精霊に愛さ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

クスリと頬がほころぶ語り口です

規律正しく、厳格な雰囲気の漂うはずの軍事訓練施設。フリーダムな髪型で、限りある青春を謳歌しようとするミコゼ訓練生。この相反する2つの要素をマッチングしているのが、彼女の個性的な心情描写です。まだ実戦の

この作者の作品

その他情報

公開日 2019/7/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る