幕末群狼伝~時代を駆け抜けた若き長州侍たち

幕末長州の群像劇、始動!

Kaspian

歴史・時代 連載中
7時間12分 (259,016文字)
高杉晋作を主人公にした群像劇です! 

105 5,747

あらすじ

「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し。衆目駭然として敢えて正視する者なし、これ我が東行高杉君に非ずや」 明治四十二(一九〇九)年、伊藤博文はこの一文で始まる高杉晋作の碑文を、遂に完成させることに

感想・レビュー 7

破天荒な高杉少年に感服

12ページまで読ませていただきました! お寺肝試し事件に、果し合い……序盤から高杉少年を取り巻くエピソードが尽きませんね。破天荒な様子がありありと伝わってきます。仕置の場面は「ひぃ……!」と遠目で飛
2件1件

何とも読みやすい

まずは、読みやすい文章。 幕末の頃はよく分からないので、難しい文章ならどうしようと思いましたが、助かりました。 幕末の偉人達が、出会うべくして出会うというのが、よく分かる作品。 方言もとてもすんなり
2件1件

おお、こういう冒頭!!

10ページ読みましたので感想を失礼しますm(__)m 1ページから次、すぐに高杉さんの登場。 回想シーンであることをついつい忘れてしまいます。 これがもしも全て碑文として表現されているのであれば……
1件4件
もっと見る