椿姫は無自覚に愛される。

『もっと可愛げがあったら愛されたんだろうな』

64 46

BL 連載中
11分 (6,517文字)
性癖貫こうと思います。自己満足で終わるかも。

あらすじ

雪のように白い肌、キラキラと光る白銀の髪。色鮮やかな紅の瞳はまるで雪の中に咲く椿のよう____。 人は彼のことをこう呼んだ。『椿姫』と。 幼い頃から後継者として厳しく育てられた椿華美鶴(ちか

タグ

感想・レビュー 1

とても続きが気になります!

更新待ってます!

その他情報

公開日 2019/7/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る