緋炎の武将

元暦2年、屋島。 「狙うは義経の首ただ一つっ!!」 忠度の背からは、火柱が天を貫くように立ち昇る。

8 86

11分 (6,406文字)
コンテスト「赤」、応募作品です。

あらすじ

元暦2年、屋島。 海には、赤い旗をはためかせる平家の船。陸には、騎馬隊が整然と並び、白い旗がひるがえる。 両者、波をはさんで睨み合い半刻。 平家の姫、徳子による神通力でたちまち暗雲が立ち込め、嵐が

この作品に含まれるキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/7/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る