特集

三センチなら届きそう

彼女の欲しいものは、ほんの三センチ先にあった

20 44

SF 完結
3時間29分 (124,941文字)

あらすじ

 特殊能力があふれる近未来。    ショウは、献体試験で食いつなぐ低能力者だ。  そんな彼の前に、サヤと名乗る少女が現れた。   「あなたの力を貸してほしい」  少女は廃人となった父のため、ショウの

感想・レビュー 1

謎が、読者の非常に強い好奇心を引き起こします。

印象に残るタイトルです。主人公は“特能”の解明に自分の体を提供している梶間尚。献体は日々の糧を得るための手段。帰宅した彼は「肉?」と書かれた謎のメモを目にします。純和風ワサビバーガーを食べた日には「ワ

その他情報

公開日 2019/7/10
特集

新作セレクション[8/8]

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る