デイ・ウォーク

陽の下を踏破して塵に。デイ・ウォーク……それは過酷な成人への儀式。

29 880

ファンタジー 完結 過激表現
8時間20分 (299,917文字)
ヴァンパイアの若者たちと人間の少女の出会いと友情。葛藤と別れを描いた一編です。

あらすじ

デイ・ウォーク。  それは百歳を迎えた若者が挑む、死と隣り合わせの成人の儀式。  ブラム氷期で凍てつき、生命が激減した地球。氷の大洋を踏破し、期間内に遠く離れた聖地から記念品を受け取って故郷に帰還する

感想・レビュー 3

夜空の銀世界とヴァンパイア、魅力的な世界に引き込まれます

更新分まで拝読いたしました。(2019/9/22) 夜空の下の銀世界を歩む若きヴァンパイアたち。モノトーンながらもキラキラと輝くような情景が目に浮かぶようです。 ヴァンパイアに関する設定も細かく作り
1件1件

退廃した未来を駆ける若きヴァンパイア

イベントから拝見いたしました(2019/8/24)。 2万字程度の4Pまで読んだ上での感想となります。 ポスト・アポカリプス的な世界を若いヴァンパイアのパーティが旅する 部分まで読みましたが、世界の
1件1件

世界観、キャラクター共に引き込まれる

氷河、吸血鬼、独特の世界観をくどくど説明せずとも、引き込む描写、素晴らしいと思います。 キャラクターの個性、書き分けもよく考えておられると感服します。 ただ、難をいえば、改行ルールが明確になっておら
1件1件

この作者の作品

もっと見る