手のひらに乗る満天の星

第二回氷室冴子青春文学賞に応募してます。

indi子(金色魚々子)

青春 完結
34分 (20,125文字)

8 14

あらすじ

星を見るのが大好きだった高校生の実里はある日、まるで本物のような星空の絵を見つける―― 表紙画像:GAHAG

タグ

感想・レビュー 1

星空を描く意味

とてもよかった。ゆったりとした丁寧な筆致。まるで先輩の筆の運び方のよう。オーソドックスな展開だが、人の感情の動きが秀逸。
1件

この作者の作品

もっと見る