美しいとは君のことだった

愚かなのは僕の方だ。

日澱樹

5分 (2,546文字)
ちょっとスランプ。いや実力なのかな。

0 0

あらすじ

画家の男は長い旅にでていた。 最も美しいものを描くために。 妻子を残し旅に出て、人から評価はどんどん上がったが、自分の納得するものは描けずにいた。 苛立ちから鞄の中身をぶちまけると、その中には、

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る