ひとごみの記憶

あたしの故郷、東京の記憶は、人混みであたしを呼ぶ亡霊の声だけ。

19 713

ホラー 完結
6分 (3,544文字)
【本編5分・完結済み】閲覧、☆、コメント等ありがとうございます! ホラー一年生の習作です。

あらすじ

──タスケ……テ……! 灯りを消すと、夢を見ると、蘇る。 雑踏に揉まれた子供の目線。 人混みを連れ出す父の温かい手。 あたしを呼び止める悲痛な女の声。 正体不明の声は今日も、あたしを人混みに飲み

タグ

感想・レビュー 1

怖くて途中から読み飛ばしました。

《☆以下、ネタバレ☆》 叫び声のあたりが、とても怖かったです。行間があけてあり、スクロールさせても怖い。 横組み小説ならではの表現を使いこなされ、怖かったです。

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2019/8/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る