瓶詰めの生首は彼女を見ている

暗闇に沈んだ床下にある、瓶の中。生首の彼がいた。

宮野るり

恋愛 完結 過激表現
55分 (32,656文字)
ただのヤンデレです

12 31

あらすじ

「彼女、俺に首ったけだったのさ。生首だけに」 先生の手伝いで旧校舎にある生物室へ足を運ぶことになった山村かおりは、奥にある生物準備室の床下からホルマリン漬けの生首を見つける。美しい造形の、生首の男の標

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品