チカクカビン

きっと声にしてもアイツには届かない

7 11

BL 完結
1分 (155文字)
毎夜アイスバック。スポーツ用の氷のうですか?頭に乗せて書いています

あらすじ

三浦大河・・みうらたいが 藤本 陸・・ふじもとりく 高二。一年の時同じクラスで知り合い、良くつるむようになって今に至る。 補足(蛇足)大河の方が背が高いのが陸のコンプレックス。 作品には何も関係しませ

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/8

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る