或る「母と娘」の物語

コンテスト「ひんやり」応募作品。母親は男の部屋に入り浸りだ。娘も母と同じような体に成長した。母と一緒に男の部屋に行く。

加藤労全(ろーぜん)@多忙でIN少

コメディ 完結
3分 (1,214文字)
お読みくださり、ありがとうございます。

7 647

あらすじ

コメディ短編小説です。コンテスト「ひんやり」応募作品。母親は男の部屋に入り浸りだ。娘も母と同じような体に成長した。母と一緒に男の部屋に行く。 娘が見た光景は、母が殴られそうになりながら、男を噛んでいた

感想・レビュー 1

この母にしてこの娘あり

なんとふしだらな母親だろうか? 幼子がいながら。 こんな女性なら、夫は愛想を尽かせて出て行ってしまうことだろう。分かる分かる。 でも、男をとっかえひっかえという訳ではなさそうだ。結構一途なところもある
1件2件

この作者の作品

もっと見る