雨の日の窓 雪の日を思う

こんな雨で故郷が恋しくなんかならねぇよ

1 89

日本に台風が近づいている(上陸した)日に書きました。みなさんにも、雨や雪で故郷が、恋しくなったことはありますか?

概要・あらすじ

作者: 春都成
4分 (1,843文字)
「こんな雪で故郷が恋しくなんかならねぇよ」  ロシア語文法の時間、練習問題を解いていると、外で雨が降ってきた。  それを見て、思い出す、高校時代の雪の日に、寮生の子達と話したときのこと、自分が、留

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/8/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る