相棒~見知らぬ君へ

言葉なんてなくても、名前なんて知らなくても、気持ちは必ず伝わるはず… (コンテスト用に再編しました)

3 41

5分 (2,857文字)

あらすじ

満員電車の中での小さな優しい自己満足。でも、その小さな優しさに気付いてくれたのは、名前も知らない君だった。

サブジャンル

タグは登録されていません

その他のキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

美しい、ささやかな日課

短い物語のなかに、毎日を大切に生きることや、ささやかな美しさがぎゅっと詰まっています。 ラストで語り手が、生活環境が全く重ならないであろう青年を「相棒」と内心で呼ぶところが特に良かったです。

その他情報

公開日 2019/8/19

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る