フラウバッハ

ケーテンの宮廷楽団の楽長ヨハン・セバスティアン・バッハ、35歳。妻を失って一年の後、再婚することにしました。

8 131

7分 (4,126文字)
1720年のケーテンへご一緒に。

あらすじ

再婚相手に選んだのは、うら若き楽団付きソプラノ歌手。 今で言うところの、上司と部下でしょうか。やはり、むしろ先生と生徒でしょうか……。

シリーズタグ

感想・レビュー 1

まるでその場を見てきたかのように自然でリアルな描写です

クラシック音楽が大好きで、自分でもかなり調べたりしていますが、ストーリーの流れ、場面の描写が自然でまるでその場を見ていたかのようなリアルさを感じました。 音楽好きに違和感を感じさせない、丁寧な下調べ

その他情報

公開日 2019/8/20

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る