竹取うさぎ

つつがひかる。そんな当たり前のことを僕は忘れている。

22 379

14分 (7,825文字)
作者は満足した作品です

あらすじ

竹を光らせることができる少女、かぐや。彼女は僕の運命を変えていく。 「『翁が善行を作ったから助けにと』月の人はかぐや姫を月から地上に下ろしたの」 彼女は、僕に何度も教えてくれていた。それなのに、僕

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/9/2

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る