はるかの空に月明かりがあるという

はるか、はるかに高い空

6 80

4分 (2065文字)

あらすじ

年寄りの星と生まれたばかりの星がありました。

感想・レビュー 5

読ませて頂きました

深い話だなと思いました。

穏やかなお話です。

多分、嫌いなものを語らずに好きなものを語りあっているからでしょう。 物語の全体に穏やかな雰囲気を感じます。 光はこの宇宙で一番速いとされるのですが、それでも宇宙を進んで行くには遅いのですよね。

優しくて切なくなるお話しでした

遠い遠い場所にいて、私たちからはその色や形や質感など触れることも見ることも出来ないけれど、小さな点として目視出来るそれは確かに存在しているはずだと思ってました。 だけど大人になってから、その小さな点
もっと見る

その他情報

公開日 2019/9/6

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る