頑張ったね、ってもう届かない君へ。

ずっと、なんでも知ってると思ってた。

6 110

青春 完結
12分 (7,008文字)
なんでも知ってると思ってた友人のことを、本当は知らなかった。ってよくあると思います。

あらすじ

私の、幼なじみ遥香(はるか)。 頭が良くて、可愛くてアナタは私の自慢でした。 遥香…。ねえ、遥香。 頑張る必要はあったの? これしか、方法は本当になかったのかな? 私は本当に遥香の事を何も知らなかっ

タグ

感想・レビュー 1

『頑張れ』ってのは自分で自分に言っちゃダメなのもしれません

悲しいお話です。 主人公と友人の対比が丁寧で、より悲しく感じます。 友人の娘はこのような結末を選んでしまいましたが、出来るなら、もう少し大雑把に、適当になって欲しかった。 そう思うのは、ワガママでしょ

その他情報

公開日 2019/9/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る