兄を悼む手紙

私の知らない兄の姿をその手紙が教えてくれた。

8 85

8分 (4652文字)
妄想コンテスト「手紙」参加作品

あらすじ

嫌いだった兄が死んだ。 私はとくに悲しいとも思わなかった。 四十九日近づいたある日、手紙が届いた。 そこには私の知らない兄の姿が書かれていた……。

目次 3エピソード

感想・レビュー 4

じんわりとくる良作

近すぎるがゆえに、案外見えない。 家族って、けっこうそんな存在かもしれないですね。 わたしには引き戸の存在が、家族が兄に対するぎこちない感情を表し、一方で兄の家族に対する真っ直ぐな感情を表してるよう

心に迫る

とても静かな物語なのに、心に迫るものがある。 いや、静かな物語だからこそ、かもしれない。 主人公の心境の変化、そして手紙の送り主の痛いくらいに哀しい気持ちがよく伝わってくる。 「手紙」にピッタリな名作

死後に見えた姿

語り手にとっていい思い出のない兄の、その死後に届いた一通の手紙。それが語り手の兄への印象を変える。 「私」だけが見ている兄が、その全てなわけないのだ。これは筆者自身も肝に命じておきたいと思いました。
もっと見る

その他情報

公開日 2019/9/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る