箱 ――はがき――

文箱の中に眠っていた、二十年前に捨てられたはずのはがきと、受け取るはずだった男の逡巡。

20 499

5分 (2,475文字)
#箱の一つです。短いお話なので、お手間は取らせませんが……。

あらすじ

母親の十三回忌の夕方。未整理の遺品の文箱に、捨てられたはずのはがきを見つけた『俺』。 二十年前を思い返し、男の中に迷いが湧き上がる。 ※2019/10/5  二文だけ追加修正しました。  ほとんど何

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

この何とも言えない

大人ならではの、モヤモヤ感 この引きで終わる箱の中身。 前作『箱』に続き、いい塩梅です。 ページ構成も、ドキドキ感も相まって、臨場感を掻き立てて、最後に......... くせになるの一言です。

その他情報

公開日 2019/9/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る