宇宙(うちゅう)の果(は)てでかくれんぼ

壮大なかくれんぼの果てに

9 47

SF 完結
7分 (3,839文字)

あらすじ

マナブ・ロールシャッハはシュタンツ学園(がくえん)での寮生活(りょうせいかつ)にも慣(な)れ、シュタンツ学園(がくえん)で楽(たの)しい日々(ひび)を過(す)ごしていたはずだったが、いつのまにか自分(

感想・レビュー 2

確かに壮大です。

章ごとのタイトルの掛け声と思われる数字が、不思議と懐かしさを感じ取らせます。 いつの間にか始まっていたかくれんぼ。実際は自分を閉ざして周りから引きこもってしまっていたのかなとも考えてみましたが、真相

今回は難解でした

伝えたいことは多くあるのでしょうが、自分が読後に感じた言葉は『諦めないこと』でした。 学ぶ道を進むならば重要な知識もあるのでしょうが、その裏、最も伝えたいことはシンプルなのではないかな?とふと思いま

その他情報

公開日 2019/9/16

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る