2119年、東京の月虹の下で

農業工場で働く私は、亡くなった夫のことを思い出していた。そこに行くことは出来ないのに。

29 1,047

SF 完結
3分 (1547文字)
初めてSFに挑戦します。よろしくお願いします。

あらすじ

表紙写真:Wikipedia(Arne-kaiserさん撮影)

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/9/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る