災厄男が恋をした。

大学受験の日は大雪。面接試験の前日に40℃の高熱。初出勤の日に乗っている電車の事故。そんな災厄男が、恋をした。

長月秋水《活動制限中》

恋愛 連載中
1時間59分 (71,352文字)
"雨を連れてくる人"

28 958

あらすじ

風張 悠平。 人生における大事な日に、必ず天候が荒れ、何がしかのトラブルが起こる男。 彼を知る人は、彼をこう呼ぶ。 災厄男。 仕事で失敗を繰り返し、営業先でも信頼関係を築けずに、気落ちする日々。

タグ

感想・レビュー 1

災厄男の恋を見守りたい!

主人公の風張 悠平は食品包装素材や衛生製品を扱う会社の営業マンです。 彼は人生における大事な日はトラブルが起こる男で 彼を知る人の間では災厄男と呼ばれております。 そんな彼が恋に落ちる・・・って嫌な予
1件

この作者の作品

もっと見る