傾いた家

傾き、いずれ倒壊するその家で、お母さんに守られて生き延びていた。

SOUNDJOURNEY

1時間14分 (44,231文字)
母子二人の生き様から、胸に残るものを伝えられれば!よろしくお願いいたします!

6 15

あらすじ

 無職のしくみは、介護の仕事をしている母に寄生し、ただただ無益に日々を生きていた。  母子ふたりが住む亡き祖父が残した家は、長い年月を重ねるうちに地盤が緩み傾いていて、倒壊の可能性もあったのだけれど、

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品