嗚呼、青春のホリゾントライト!

「――青春はおしまい」のはずだった。

成井露丸

青春 完結
4時間4分 (145,812文字)
「ナツイチ小説大賞」優秀作品に選ばれました! 高校時代に忘れ物をした僕達へ。

26 371

あらすじ

 高校演劇部での最後のチャンス「秋の府大会」で失態を演じて青春にピリオドを打ってしまった宮守昴(みやもりすばる)。卒業して一年以上が経った大学二年生の夏のある日、高校時代の恩師で演劇部顧問の山川先生か

感想・レビュー 2

忘れ物を取りに行く

忘れ物を撮りに行った場所では、すでに違う人たちが、彼らの青春を掴み取りに行っているところでした。まさかのヤマシタが、最初から最後まで良い仕事をしていました。キャラもいい。 誰かの恋愛話にしなかったのも
1件1件

高校演劇は、アツい。

自分が演劇部だったという思い出補正を除いても、本当に素晴らしいので、経験ない方にこそむしろおすすめしたい。 アツい、これぞ青春だ。 山下先生の生きざま、爽香先生の足りてないけど生徒思いなところ、サポー
ネタバレあり
1件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る