虹色の抱擁

「優先席は年寄り優先だよ」妊婦にも容赦しないちづ江はある日、思わぬ人助けをしてある物をもらう。それは虹色の光をもたらす…

猪野いのり

9分 (5,385文字)
第114回妄想コンテスト「光」参加作品

22 369

あらすじ

「若いのに座るなんて、何を考えてるのかね。優先席だよ。年寄り優先だよ」 ちづ江は御年七十五歳。今日も病院に通う彼女は、思わぬ人助けをしてある物を礼としてもらう。それは虹色の光を放つ、サンキャッチャー

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

両方でよみよみ

こちらのサイト内でも拝読し、 『5分後に君とまた会えるラスト』でも読まさせていただきました! 光のシーンは本当に脳内に真っ白な世界が広がりました。 ちづ江が救われてホッとしました。 あたたかい、あた
1件1件

光の描写が素敵です

拝読いたしました。 テーマ「光」にふさわしい、描写がきれいな作品でした。 日々の中にある小さな出来事だけど、主人公にとって心の面で大きな変化を起こしましたね。その過程や過去の彼女を見ることで、その変化
1件1件

小さな、しかしとても大きな出会い

サンキャッチャー、初めて聞く名前でした。とても素敵な小物ですね。その光の描写が美しく、生でその光景をぜひ見てみたくなりました。 主人公の老婆は過去悲しいエピソードも背負っていましたが、このサンキャッ
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る