このコンテストは受付を終了しました

三行から参加できる 超・妄想コンテスト  第114回「光」
ハッピーエンドにバッドエンド、ホラーに恋愛物にSFと、バリエーションに富んだ回でした。「光」という掴み所のないお題だけに、主人公にとって何が「光」なのか、きっちりと物語に落とし込まれている作品は読み応えがありました。

大賞(賞金3万円+選評)

この長さで、きっちりオチも用意されたホラー作品です。道に迷うことの恐ろしさ、後をつけてくる何者かの恐ろしさ、そして……。背筋をぞわぞわと撫でてくるような怖さを味わえました。

準大賞(賞金2万円+選評)

頑固なおばあさんが、とある出来事をきっかけに手に入れたのは窓辺に飾るサンキャッチャーだった……。サンキャッチャーの光のおかげで、おばあさんに起こる変化の過程がとても心地よい作品です。ちょっとした登場人物もうまく物語の中で活かされていて、素敵な作品でした。

入賞(賞金1万円+選評)

いじめられっ子の主人公が、謎の光を発する鉱石と出会ったことで、不思議な力を手に入れ……。孤独に苛まれた主人公が鉱石に宿る光に癒されていく姿と、図らずももたらされた超能力で道を踏み外していく危うさが絶妙のバランスで描かれており、印象に残りました。

佳作

クリスマスにまで勉強しなければならない浪人生たちを励ますため、予備校の講師がとった驚きの行動とは。「挫折を知っている人間」だからこそなしえる予備校講師の行動、そして金言の数々が見どころです。メッセージ性を前面に出した作風には好みが分かれるかもしれませんが、作者の熱意が伝わってきました。
吉原で人気の遊女。光をたたえるその瞳が輝くのには理由があった。色街らしい恋模様が描かれていて、どこか影を感じさせる登場人物がそれぞれに魅力的でした。最後の爽快感も良かったです。
塔に囚われ続けるクレアと、彼女の話し相手を任じられたユアンが出会うことで始まる不思議な物語。世界観がしっかりしていて文章も読みやすく、物語にするすると引き込まれます。エンディングも余韻のある終わり方で、まぶたの裏に光景が浮かびます。
売れない女性声優である主人公が、なぜか自分と仲良くしてくれる売れっ子女性声優に勢いでプロポーズしたところ……? 主人公の親友が天使のようにかわいく、主人公の目線を通してよりかわいく描く手法が楽しいです。ふたりのこの先がとても気になりました。
天体観測をきっかけに、年上の女性に心惹かれていく主人公の物語。憧れの女性との唐突な別れを経験した主人公が、それを糧に努力を重ねる姿がじつにまっすぐで心を打たれました。ラストの余韻も良かったです。

超短編賞

舞台にスポットライトを当てる仕事を長年続けてきた女性。退職の日に起きたある出来事。こんな場面があったらいいな、と素直に温かい気持ちになれました。

続きが読みたい賞

「光」と「闇」の抗争が続く世界で記憶を失った主人公が、敵勢力の女性と恋に落ち……。日常パートと2大勢力の抗争パートのギャップが激しく、文章や設定は粗けずりなものの、目を引く内容でした。細部まできちんと描いた長編で読んでみたいと感じたので、続きが読みたい賞を差し上げたいと思います。

トンデモ賞

突如目の前に出現したUFOから出てきたのは「タヌキ」だった? 不治の病に侵されつつ、家族との生活に心を残す主人公は……。コメディのような導入から一気にシリアスな流れに展開していき、まさかの前向きなラストに終始驚かせられました。はちゃめちゃな展開の中でも主人公の思いが切実で一本筋が通っているので、応援しながらぐいぐいと読まされます。

優秀作品

スケジュール
・募集期間: 2019年11月13日(水) 12:00:00 ~ 2019年12月15日(日) 27: 59: 59 ・最終結果発表:2020年1月下旬頃予定
賞
大賞(賞金3万円+選評)1作品 準大賞(賞金2万円+選評)1作品 入賞(賞金1万円+選評)1作品 佳作(選評)数作品   超短編賞(選評)  続きが読みたい賞(選評)  トンデモ賞(選評) ※大賞、準大賞、入賞または佳作(以下、「受賞」という。)の作品はエブリスタの短編小説シリーズ「5分シリーズ」に収録される可能性があります。(収録を依頼する場合には、受賞者に別途、ご連絡させていただきます。) 短編小説シリーズ「5分シリーズ」 ※受賞作品はエブリスタ公式SNS等で配信・紹介等される可能性があります。  優秀作品(結果発表ページでご紹介)  ピックアップルーキー(結果発表ページでご紹介) ※大賞・準大賞・入賞作品を除く上位30作品を優秀作品として、結果発表ページでご紹介します。 ※上位30作品まであと一歩だった作品の中で募集期間終了日より3ヶ月以内に会員登録された新規作家の作品を、ピックアップルーキーとして数点、結果発表ページでご紹介させていただきます。
募集概要
新作限定!初心者大歓迎! 三行だけでも中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、 第114弾です。 今回のテーマは、「」です。 どこかに必ず「」が登場する妄想を投稿してください。
・ロマンチックなイルミネーションの中でプロポーズ。なのに彼女が突然怒り出して? ・事故で失明し、光を失った。そんな私の光になってくれた存在は…… ・悪魔であることを隠して生活していたら、光の勇者に任命された!?
光があれば影がある、とはよく言ったもの。強い光が照らし出すものとは……? そんな「」にまつわるあなたの妄想をお待ちしています! 過去の妄想コンテストはこちら
応募要項
・本コンテストの募集期間内に新規投稿された作品。 ・文字数は100文字(三行程度)~8000文字 ※制限文字数未満又は制限文字数を超えた作品は選考対象外となります。 ※非公開設定している作品は、選考対象外となります。 ※連載中の作品の場合、募集期間終了時点での作品の完成度も含めて選考いたします。

次回予告

次回、妄想コンテスト第115回のテーマは「言えなかった言葉」です。 本コンテストと平行する形で2019年11月27日(水)より開催予定です。 ※作品は次回の妄想コンテスト第115回の募集期間内に新規投稿してください。募集期間前に投稿した作品はご応募いただけませんので、ご注意ください。

コンテストの注意事項(必読)

超・妄想コンテスト