歌集「君に贈る詩~うた~」

初めて手をつないだ日、君の歩幅が小さいことに気づいた。

いに

3分 (1,542文字)

19 574

あらすじ

好きだけど ホントは嫌い 夕焼けは 君を連れ去る 魔物のようで 皆さんには胸の奥がキュンと 狭くなるような経験はありませんか? 初恋のようになんだかこそばゆく 片思いのようになんだかちょっと切な

感想・レビュー 2

確かにキュン

お星様たどりでこんばんは。 写真すごいですね! そして確かにお唄はキュンでした(^^)

虹を見ているような…

感想を書かずにいられない作品ですね。けれども、言葉を尽くせば尽くすほどに自分の言葉の拙さが浮き彫りになる心地で、読んでからそっと閉じて、大切な短歌を胸にしまっていたい…そんな思いにさせる、とても繊細な

この作者の作品