視線

朝起きて天井を見上げると父親の生首が浮かんでいた。

ぶっ壊し屋の山崎 ひろふみ

4分 (2,268文字)

12 182

あらすじ

記者、ベイカーミュラーは、今日もいつものように起き、シャワーを浴び、朝食を作る。 鬱展開、微グロ注意

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

映像を想起させる描写。

ツイッターからお邪魔します。 雰囲気が良いですね。最初はホラーかと思いました。 映画『サルバドル』や『シリアナ』など現実的な社会問題や不条理を描き出したいであろう事が、映画の場面と共に伝わってきます
1件2件

面白い見せ方のショートショートです

 第3回コサキサク賞に応募ありがとうございます。レビューに参りました。  家族の死体が主人公の部屋にゴロゴロ……一体何事!?と思いきやそういうことでしたか。主人公が置かれた状況と心境の見せ方が面白い
1件1件

面白い書き方

最初の方の残虐な描写を淡々を書いたり、主人公に語らせないでキャスターの客観的なセリフを流すことで主人公の心中を想像する楽しみが生まれたところが面白かった。
1件

この作者の作品

もっと見る