ゆうれい子犬のケミー

公園でめざめた子犬のわずかな冒険譚。

郭K太郎

15分 (8,404文字)
気軽に読んでください。

16 3,010

あらすじ

 見知らぬ公園で目覚めた子犬。自分のことで知っているのは、ケミーという名前と赤毛の犬だということ。  自分が死んでいることに気づかされると、手助けしてくれる仲間が現れます。  子犬のケミーのわずか

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません