特集

人でなしのいろは

それはたぶん、生きるような幸せ

20 71

1時間27分 (51,987文字)
感想お待ちしております

あらすじ

「君は、鏡の中の自分に向かって敬語で喋りかけているような、そんな人間だね。全てが他人事。そう、自分でさえも」    九頭竜(くずりゅう)探偵事務所に所属する少女ーー『時織友(ときおりとも)』は、あ

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る