特集

骸郷に煙るアロイコア

この街に薫る硝煙は人類の残り香に違いない、とラジオは繰り返す。感傷的になんかなれないクセに。

門一

SF 連載中
55分 (32,417文字)

18 87

あらすじ

何千種とありうるどこか遠い未来の中の一破片。 かつて人類が居座っていた筈の、どこか遠い惑星。 そこではアロイコアと呼ばれる二足歩行ロボット生命体、いわば「天然の人工物」が独自の文明を発展させ、生活

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る