長楽萬年

突如現れた青年は、狐の姿をしていた。

一期光永

ファンタジー 休載中
5分 (2,915文字)
久しぶりの投稿です。神社を舞台に書いてみました。よろしくお願いいたします!

0 1

あらすじ

「貴様は、何者だ」 迷い込んだ森の中には、古ぼけた神社があった。 女子高生のさくらが出会ったのは、頭に狐の耳、お尻に狐の尻尾が生えた青年。 彼は一体……? これは、とある稲荷神社を舞台に繰り広

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品