11 489

あらすじ

――バケモノから生まれた子もまたバケモノだ。 そんなバケモノの監視役として、とある山奥にある屋敷へと奉公に訪れた文緒。 だが、彼がそこで見たものは、バケモノと呼ばれるひとりの少年と、彼をバケモノと呼

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る