それでも、彼は確かに英雄だった

他の誰かが彼を悪人だと言ったとしても、それでも俺にとっては彼がただ一人の英雄だった。

春音優月

6分 (3,263文字)

3 4

あらすじ

三行から参加できる超・妄想コンテスト第122弾「それからの日々」参加作品。 悪政を敷き、腐敗した組織を倒すために立ち上がった一人の男は、英雄と呼ばれる。 これは、英雄が悪を倒したその後の物語だ。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2020/3/18