アイツと俺の距離感

秋の連休の午後。テーブルの上の置き手紙を見て、俺は溜め息を吐いた――。

砂たこ

9分 (5,295文字)
この話は、超妄想コン「それからの日々」に応募しています。よろしくお願いします。

12 354

あらすじ

2年前、俺は当時付き合っていた彼女と別れた――いや、フラれた。 アイツは、密かに責任を感じているらしい。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る