満月に現れる小さな定食屋で男性客に口説かれています

「なァ、いい加減俺のものに「嫌です」

AOHANA

BL 連載中 過激表現
21分 (12,565文字)

34 41

あらすじ

ある森の中に満月の夜だけに現れる小さな定食屋があると言う。 別名、『死の森』でお店を開いている店主、柊木明典(ひいらぎあきのり)は満月の夜だけに異世界に行けることができる。 何故行けるのかは店主のみ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2020/4/1