沼の中の奇妙な親友

人と妖怪の、奇妙な友情──

板倉恭司

11分 (6,356文字)

6 6

あらすじ

江戸時代、村の嫌われ者・源吉は、沼で河童のカンタと出会う。二人は友情を育んでいくが、やがて旅立つ時が来た。

感想・レビュー 1

妖怪よりも人間が怖い

★ラストに驚いていただきたいので、ネタバレなしでいきます★ 村の嫌われ者の源太と、ひそかに沼で暮らす河童のカンタ。孤独な二人の間に友情が芽生えます。 ところが成長し、江戸に出ることになった源太は
3件

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2020/4/15