墓守は涙を流さない

今日も私は誰かを弔う。 仲間の絆応募作品

千年鯨

SF 連載中 過激表現
4時間43分 (169,424文字)

8 183

あらすじ

野朝未来、中学三年生。副業は墓守。 アナザーワールドにて亡くなった人を弔っている。 気が遠くなる地獄、アナザーワールドとなじめない天国、現実の世界を行き来している孤独な少女。 彼女の日常はあるとき

感想・レビュー 2

濃密な人間ドラマにぜひ注目下さい!

超能力を持つ中学生たちとそれを取り巻く大人たちが紡ぐ物語です。こう書くと安易なSFだと思われるかと思いますが、この小説の注目すべき点は登場人の濃密な人間ドラマです。僕は超能力の要素よりもむしろ、人間ド
1件3件

主人公の心の成長を見てほしいです。

ヒューマンドラマのようなSFのような作品です。 様々な視点からストーリーが進みますが、読みにくいといった違和感はなくスラスラとページが進みます。 最初は点と点だったストーリーが後半から線になって、引
ネタバレあり
1件

この作者の作品

その他情報

公開日 2020/5/22