空色の君は夏に溶ける

青色と空色。似ているようで違う2色。思い出の中の夏にはずっと、淡い淡い空色が滲んでいる。

すいか

青春 連載中
30分 (17,457文字)
初投稿です。よろしくお願いします。 この作品を応援してくださっている全ての方に感謝を申し上げます

15 282

あらすじ

「私、この夏で消えるの」 初夏の足音が聞こえる6月。 高校3年生の羽代凪は、ある日同級生の瀧原奏にそう告げられる。 思い出をなぞるために、消えぬものを残すために、 ふたりの少女は、夏の欠片を集める

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品