雨の夜に君を想う

雨は古い記憶を呼び起こし、未来に思いを馳せるきっかけをくれる。

山下真響

7分 (4,054文字)
母であり孫でもある私が、雨の向こうに大切な人を想います。

7 493

あらすじ

傘を忘れた息子を車で迎えに行く母の話。 ★時間は有限なのです。 ★雨の日の夜の運転は危険につき、考え事は控えましょう。

感想・レビュー 1

瑕疵無く閉じた世界

ありふれた日常の切片。 ただ、現実はもっと歪だったり、凹凸があったり、過剰だったり、欠落していたりするもの。 何処にでも存在しそうな情景に見えて、その実、著者の理想を材料に編まれたワンシーンだけの
1件1件

この作者の作品

もっと見る