光~徳川家光が愛した女子~(2)

男色家と言われた徳川三代将軍家光と一人の女子の、美しく、切なく、一途な愛の物語。

十時(如月皐)

17分 (9,621文字)
このお話は完結しましたので移行しています。続きに関してはプロフィール欄をごらんくださいませ。

35 414

あらすじ

男色家と言われた徳川三代将軍家光に、ついに初めての子が産まれる! 志乃は大奥に入り家光の最初の側室となった。幼き日の言葉を覚えていた家光は志乃に赤い打掛など数多くの贈り物をする。 傅く生活であった志

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません