しとしとしと

私は良い妻だったでしょうか。

浅果好宗

3分 (1,271文字)

6 39

あらすじ

あらすじはありません

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

『やまないでと思う雨もあるのかも』

今まで、普通であったこと。 散歩も、そのなかでの休憩の手持ち無沙汰も、あなたが好きだったコーヒーと、緑茶が好きな私とのティータイム。 残されたタバコや文庫本はそのまま、発泡酒も減らない。 一人と
1件2件

静寂の時。

タイトル通りだなと思う内容です。 有るか無いかくらいの、静かな音をさせながら降る細い雨を想像しますね。 空が一緒になって泣いているとも、彼女を少しでも癒す為に寄り添っているのではとも考えてしまいま
1件1件

この作者の作品

もっと見る